2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログランキング

  • こっちもお願いします(笑)
    人気ブログランキングへ
  • クリックお願いします
    Blog Entry ランキングへ投票

« マレーシアのまとめ | トップページ | 「サンフランシスコ」で »

2011年1月19日 (水)

最近思うこと & 告知文

ひとまず・・・・



あけましておめでとうございます!


このブログも、徐々に廃れ始めてますが、春休みにはまた盛んになると期待してます(笑)


読書会は、いろんな友達に相談しながら企画を進めてたのですが、なかなかうまくいかず、企画は企画のままで頓挫してしまいました・・・・・


期待していてくれた方(おらんと思うけどw)、ホンマにすみません。


ただ、これから、何らかの形で知識の共有、または発信出来る場を創りたいと思うので、その時はご協力お願いします。




はいはい、ほんでですね。



「人生って短いなー」



って、最近思うわけです。



人生まだまだ挑戦したいことあるけど、あと40年しか人生はない。

いや、もうちょいあるかw
けど、現役でバリバリ動けるのはそれくらいやし、老後は老後でやりたいことがあるから、実際に社会と関わり続けられるのは、やっぱ40年くらい。


そう考えると、自分の人生をもっと見つめ直さなあかんなー、と最近つくづく思うわけです。


会社に入ろうとしてる今やからこそ、そう思うのかもしれません。


自分の人生をどうやって充実させるか。
社会に、残される人たちにどんな影響を残していけるか。



就活中にあんだけ悩んだのにな~。

まあ、これからも仕事には一生懸命になりつつも、自分の人生を見つめ直す機会を、自分の中で作っていきたいなー、と。

そんな風に考えてる、今日この頃でした。






このブログは、別に国際関連のこと書かなあかんってことないんで、久しぶりに普通のこと書いてみましたw







以下、友人からの告知文です。
興味のある方は、直接連絡を取ってくださいw

===============================================================================

■詳細HP
MoGとは? http://www.mog-very50.com/
ハタプロ(しゅうかついったー)のサイトでのチラシ http://www.hatapro.com/
ツアー紹介 http://www.very50.com/detail.php?id=360
        http://www.yonaoshi.info/Detail.php?eid=2130&cate=all&pg=1


伊澤諒太と申します。

「MoG in Bangladesh」のプロジェクトのご紹介をさせて頂きます。

2011年のMission On the Groundの第一弾に舞台は、バングラデッシュ・ハティヤ島
です。

【参加者全員への豪華特別処置。大学生活の最高の想い出を形に残せる?!】
__________________________________

※このプロジェクトは、空港に降り立つところから、ミッション遂行までの全日程をカメラでおさめ、参加者の皆様を中心としたドキュメンタリー番組を作成させて頂きます。
参加者にはプロジェクト後に全員にDVDを配布いたします。
__________________________________


MoGとは「知る、見る、考える、行動する、結果を残す」…社会を変える5つのステップを実践しながら
現地の人々と協力をしながら問題解決にあたる現場実践型プロジェクトです。

◆特徴:

1.
日本で事前に、ビジネスやプロジェクト遂行、事業推進に役立つ”思考能力”や”問題解決”のプロセスまで実体験を優秀な講師陣から直に学べます。

2.
数年にわたり現地で活躍している日下部尚徳氏(大阪大学大学院・日本学術振興会特別研究員)や、
NGOのDUSなど、国際協力のプロ達と共同してバングラデシュの様々な社会問題を間近に見分する。
NGO先進国バングラデシュで、持続可能なビジネスと社会貢献を学ぶ。

3.
内閣府の人間力大賞(国民栄誉賞の青年版)を受賞した、エクマトラ共同代表の渡辺大樹氏が首都ダッカを直接同行し、コーディネート。
エクマトラ訪問など他では得られない体験ができます

4.
実際に現地に入り、現地の若者や、海外から参加する他国の大学生(毎回、日本以外の大学からも多数の参加者がいます。)らとともに
協働しながら完全主体的に、机上の空論では無い「実践型の問題解決」にあたっていく。

5.
同行する社会人達や、現地で共に活動する人々、一緒に参加する世界の同年代の学生達からのフィードバックなど、成長する仕組み

6.
バングラデッシュに「第2の故郷」と、世界に「生涯の友人」を持つことになるはずです!


◆今回参加者のミッション

バングラデシュは毎年サイクロン(台風)により多くの人が被害を受けています。毎年襲ってくるサイクロンであれば“逃げれば”いいじゃないか
と思われる方もいるかと思います。

ところが、、

①.家財道具を守る(逃げている間に盗難)ため
②.家畜(彼らにとっては財産)を守るため
③.避難シェルターの場所をしらない

などの理由で逃げずにそのまま被害にあってしまうということがあります。

そこで、その「人々の生命に関わる重大な問題を解決する仕組み」を、
皆様には現地の人々や世界から集まった同年代の大学生達と一緒に活動するなかで考えて、
現地の人々に提案して頂きます。

ex. 国民が必ず聞く新しいラジオ局を現地に開設して、緊急時に多くの人がラジオの緊急ニュースを聞いて、
  多くの人が早くサイクロンの襲来を知る仕組みをつくる。
(実際に提案する際は、どんなラジオ番組を企画して国民を振り向かせるかなど、深いところまでみんなで考えて提案します。)

◆日程:
2月1日~2月4日 事前授業日開始
(事前授業~事業計画、発想、問題発見他)
※1月は大学がテスト期間中ということもあるので事前授業はオフィス内で希望者のみに実施予定。

2/6-2/16・・現地での実践ワーク


◆開催地:バングラデッシュ ハティヤ島 

◆引率:日下部 尚徳氏(くさかべ なおのり)
 ダッカコーディネーター:渡辺 大樹(わたなべ ひろき)
  http://www.yonaoshi.info/Special.php?pg=1&sid=1

◆宿泊地:DUSという現地NGO施設で宿泊

◆プロジェクト参加費:会員:79,500円   非会員:83,500円

(含まれるもの)
very50会員登録費(既存会員については返金)
college 各授業の無料・優先参加(MoG期間前まで何回でも)
参加者のための事前授業(問題解決力講座etc.)
現地での宿泊費・食費・交通費・現地プログラム費
ホームステイ費・現地story maker支援活動費

(含まれないもの)
現地までの交通費(日本⇔バングラデッシュ往復飛行機代)・各空港使用税・海外旅行損害保険加入料・パスポート取得費用
お土産代やフリータイムの飲食代や交通費



◆説明会を毎日、事務局(JR山手線大塚駅徒歩5分)にて実施していますので興味を持たれた方は以下までお問い合わせください。

【詳細・お問い合わせ】
伊澤諒太
http://bit.ly/fof2gs
info@very50.com

========================================

« マレーシアのまとめ | トップページ | 「サンフランシスコ」で »

女子川」カテゴリの記事

コメント

この告知文、下にも同じのがありましたねw

まあ、そこらへんは気にしない方向でww

読書会、期待してたー(。-_-。)

>れいな

とりあえず、昨日はごめん^^;
行ってみた感想とか、聞きたい!!

マジで?そりゃー、申し訳ない・・・・
でも、勉強会とか、何らかの違う形で学びの場を作りたいと思ってるから、その時は是非参加して!!

すみません。
更新頻度が落ちたのは俺にも一因が…。
そして、すでに告知してあったww
勉強会は何気に誘われてたのに行かずにすまんね。
来月から執筆活動は再開しようと思う!!

別にTASKに要因はないやろー。
むしろ、TASKは精力的に更新してくれてる方やと思う!

勉強会、企画したいんよねー。
社会人になってからでもやりたい!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394942/38524639

この記事へのトラックバック一覧です: 最近思うこと & 告知文:

« マレーシアのまとめ | トップページ | 「サンフランシスコ」で »