2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログランキング

  • こっちもお願いします(笑)
    人気ブログランキングへ
  • クリックお願いします
    Blog Entry ランキングへ投票

« 不法滞在 | トップページ | 旅はまだ、始まったばかり »

2010年9月17日 (金)

カンボジアの可能性

みなさん、お久しぶりです!!

久しぶりに日本語が使える環境に来たので、まとめていろいろ更新したいと思います。


まず、ここ1週間ほど、カンボジアに滞在しておりました。

もちろんアンコールワットに行ったし、ベン・メリアという『天空の城ラピュタ』の舞台になったといわれる遺跡にも行ってきました。
いろんな遺跡を訪ねてみて思ったことは、

「もっと世界史を勉強してくればよかった・・・・」

ということです。
アンコール朝の話とか全然知らんし、その成立と崩壊の歴史的背景を知ってるのと知らんのでは、見方も変わってきたやろなーと後悔です。
帰ったら、東南アジアの歴史を勉強したいと思います。



東南アジアの歴史を勉強したいと思った理由がもう一つあります。

それは、ポル・ポトについてもっと深く知りたいと思ったからです。

僕は今、プノンペンというカンボジアの首都にいます。
これといって観光名所は多くはないのですが、ポル・ポト政権の傷跡を知らされる機会になりました。

トゥーン・スレン博物館やキリング・フィールドといった、ポル・ポトがクメール・ルージュ(?)の際に、処刑場・拷問場・牢獄として用いていた現場を見てきました。

アンコールワットやベン・メリアの壊れている部分も、ポル・ポトによるものだとは聞いたのですが、遺跡が壊れているのを見るよりも、人間が人間として扱われていなかった写真や歴史的事実を知った方が、その壮絶さや悲惨さが生々しく伝わってきます。


そして、それらを通じて僕が感じたのは、

「カンボジアの可能性」

です。

機会があれば、国民の一人一人がポル・ポトについてどう思っているのか聞いてみたかったのですが、いかんせん英語が通じないので・・・・ww

ただ、こういった失敗をし、それを反省として捉えて前に進もうとしている姿勢に可能性を感じました。

第二次世界戦争の日本をはじめ、ナチスドイツや黒人奴隷解放をしたアメリカなど、過去の失敗を糧にした国々は、大きく成長しています。

また、漫画の話で申し訳ないですが、ワンピースのビビの父親で国王であるネフェルタル・コブラはこう言っています。

「過去を無き物にすることはできない。この過去の上に立って、強くなってみせよ。」

と。(うろ覚えw)



世の中は何が正しいかわからない。
前にも書いたように、何が「成功」で、何が「正義」で、何が「幸福」か・・・なんて、簡単に決められるもんじゃないです。

ただ、人が人を殺め、人の上に立とうとする社会は、あってはならないと思います。

この経験の上に立って、カンボジアが世界に対して、平和を訴えていけるような国になってほしいと、そんな風に思ったカンボジアでした。




今からベトナム行ってきます!!

« 不法滞在 | トップページ | 旅はまだ、始まったばかり »

女子川」カテゴリの記事

コメント

今度ポルポト政権に関する講演会が、立教大学で無料で開催されるよー。
詳しくは、YONAOSHIサイトを見てちょ。

>とし

お、マジで!?
ほな、それまでにある程度勉強して、その講演に行けそうなら行ってみる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394942/36796786

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアの可能性:

« 不法滞在 | トップページ | 旅はまだ、始まったばかり »