2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログランキング

  • こっちもお願いします(笑)
    人気ブログランキングへ
  • クリックお願いします
    Blog Entry ランキングへ投票

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

無事到着

とりあえず、無事に到着しました。
今はなぜか、現地で出会った日本人の女の子と一緒に過ごしてますwwww

チャリ旅は明日からなんで、今日はいろいろ楽しみます(笑)
Imag0009

2010年8月24日 (火)

学生最後の夏!!!

久しぶりに書くよ!!

アフリカを断念してから約一週間が経過しました。

アフリカには行けなくなってもぉたけど、学生生活最後の夏やし、なんかしたい!!!

ってことで、決めました。

この前にもちょこっと言ったけど、

「東南アジア自転車の旅」

を実行します!!!

日程も決まりました。

8月30日~9月23日まで。

バンコクを出発し、ラオス、カンボジアと自転車で行き、最後はベトナムのホーチミンから日本に帰ります。

ただ、自転車で旅するだけやと面白くないので、もう一つ企画があります。

みんなからお金をもらったんで、そのお金で日本のものを買って行って、それを現地で物々交換する。

名付けて、

「目指せ、東南アジアのわらしべ長者」

企画です。

チャリ自体をそれで手に入れるってのもアリかと思ったけど、それやとチャリを手に入れるのに時間がめちゃめちゃかかりそうやから、チャリは普通に買いますが・・・・(笑)

一人でやるのはちょっと寂しいなー、とも思うけど、誰かを誘えるほど大した企画でもないっていうねwww

そんなわけで、上記のようなことを、この夏休みに実行しようと思います。

そこで、向こうで喜んで交換してもらえそうなもののアイデアを頂けたら嬉しいです!!

あと、向こうでもこのブログは続けます。

チャリ旅ブログみたいな感じにしていきたいと思います。

それなりに面白いもんにしていく努力はするんで、宣伝してもらえたら嬉しいです!!

そんな感じで、よろしく!!

2010年8月14日 (土)

涙を流す、その前に。

ちょっと残念な、っていうても自分にとってやけど、お知らせです。

今回のトーゴへのインターンは中止になりました。

理由は前回書いたように、父親の反対を変えられなかったからです。

最後には、父は母経由でOKを出してくれたんですが、最後までオレに対して「行ってこい」という一言をくれることはありませんでした。

オレ自身が意地っ張りで、母から資金援助の言葉を素直に受け取ればよかったものの、父から直接言葉をもらえていないことを理由に、断りました。

でも、意地を張ったことを後悔はしていません。

結局、父としても、本来なら今回のようなインターンには行かせたくないが、親心で資金援助をしてあげようと思った。でも、自分で直接応援できるほど認めたいもんではなかったから、母伝えで資金を出すことを伝えてきたんやと思います。

悔しくない、と言えばウソになると思います。

涙も出たし、どこにぶつければいいのかわからないような怒りも込み上げてきました。

いろんな人たちから応援もしてもらってたから、その人たちへの申し訳なさで、やるせない虚しさも感じました。

でも、これが自分の出した結論です。

意地を張ったことが、正解かどうかはわかりません。

おそらく、多くの人から見れば、不正解に見えることでしょう。

お金を出してくれると言ってるのに、なんでわざわざそれを断るのか。

今回の一件を通じて、自分の甘さを再認識して、変えていきたい、変わりたいと思った。

この決断が、その第一歩です。

もちろん、アフリカへの夢を捨てたわけではありません。

大学在学中には絶対に行きたいと思っています。

やりたいビジネスも計画できました。

前回の社会を舐めたようなプランよりは、少しは成長できたかと思っています。

それも、近々公開します。

トーゴには、今夏に行くことは、もう諦めました。

なんで、もう一つの計画だった、東南アジア縦断チャリ旅に行こうかなー、と計画中です。

東南アジアの近場であれば、なんとか行けないこともないし、いろんな国を見れそうやし。

そんな訳で、今回のトーゴインターンを応援してくれた方々には、本当に申し訳なく思います。

「お金まで出させておいて、こんな結果かい」

と思われるかもしれませんが、あのお金は絶対に私的には使いません。

それは、約束します。

アフリカでやりたいことに使うか、東南アジア縦断チャリ旅に使うかはわかりませんが、どう使ったかは、しっかりみんなに見える形で示していきます。

最後に、今後親から資金面での支援を受けたい場合の条件を、父から提示されたので、それをこのブログにも残しておきたいと思います。

1)自分で出来る限りの準備をすること、それで、どうしても足らない部分は支援します。

2)NGOをしっかりと選ぶこと。ツアーを販売し利益を目的にしているようなNGOまがい、のものも多いように思われます。しっかりとしたNGOを選択すること

3)目的をしっかりともつこと、そこで何をするのか、何を見て、何を得たいのか?単に行けば何かある、ではなく目的意識をしっかりともつこと、

4)そのための事前の勉強なりをしっかりとしておくこと、その土地の事をしっかりと頭に叩き込んでおくこと、

5)興味本位で相手に接しない事、NGOに参加した人にありがちな、自分は、人のためにやった、という自己満足する人が多いのですが、本当に相手の人は、感謝しているか?相手に感謝してもらえるだけの事ができるようにすること、そうしたい、と心から相手に接することができるようになること。、相手の立場にたって話ができるようになること

6)学校の授業に支障をきたさないこと。まず、大学の勉強ありき、です。それをおろそかにするようであれば、やめておくこと。

そして、慶祐のこどもができた時に同じように背中を押してやれるように育てること。

まだまだこれからやらなあかんことはいっぱいあるし、切り替えていきます!!!

2010年8月 4日 (水)

甘え

つくづく、自分は、自分自身に甘い人間やと思う。

いつも思ってたことやけど、今日改めてそれを知らされることになった。

ほぼ決まりかけていたアフリカ行きの件。

両親に話しました。自分がどれだけ熱意を持ってやろうとしているかを理解してもらうために、このブログのことも教えました。

甘えるな、と。

自分のやりたいことを好き勝手に考えて、じゃあ資金援助をよろしくって、虫がよすぎる、と。

考えてる内容も、幼稚で、大学4年生がやることか、と。

最初にこの返事をメールで見たとき、めっちゃ悔しかった。

自分なりに一生懸命考えてきたことが、全て否定された気がした。

でも、改めて考えた。

自分が両親を納得させられるようなことを、十分やってきたと言えるのか。

アルバイトをもっとしっかりやって、計画的にお金を貯めることもできた。

企業にスポンサーをお願いできるようなプランを考えて、資金援助してもらうこともできた。

もっと早くから計画してれば、学校の奨学金やって使えた。

「いざとなったら、誰かが助けてくれるやろ」

って考えてた。

そういう部分が、オレの甘いとこやねんな。

でも、今日気付けた。

これはきっかけや。

こんなんで心折れるほど中途半端な想いちゃうし、今オレがすべきことは諦めることじゃなくて、両親に納得してもらえるような形を示すこと。

自分の力でアフリカに行く準備をすること。

やっぱ、行く以上は、みんなに応援してもらって旅立ちたい。

2010年8月 1日 (日)

「試み」の内容

今回は研修先で何をするかについて書くでー。

インターンはインターンでしっかり勉強したいけど、受け身ばっかりじゃなくて、主体的な取り組みもしていきたい。まあ、まだ行き先決まってないけどww

で、今資金集めてるんやけど、予想以上にみんな協力してくれて、ホンマに嬉しい。

目標は大きく、「3万」ってことにしとこう!!w

さて、今回はやろうと考えてることを公開するから、ガンガン駄目出ししてください。

自分の考え方として、

「自分が思いつくことは、誰でも思いつく」

を、いつも念頭に置いてます。だから、そんな面白い内容ではないかもしれんけど、軽く読み流してくれたら有難い。

ちなみに、かなりビジネスライクです。自分の利益のためではなく、収益をまた別の何かに使うことを考えてます。

<今回、やってみたいこと>

簡単に言うと「輸入業務」です。

現地で、「日本で流行りそうなもの・流行らせたいもの」を購入して、こっちでネット販売をしたいと考えてます。

ただ、「お土産品」を日本で購入させるんじゃ意味ないし、需要もないと思う。

だから、「日常生活に密着したもの」っていうのが条件。それでおいて、日本の文化に定着させられるようなものを扱えれば最高やと思う。

韓国のキムチとかインドのカレーとか。ケバブとかも、いい例やんなー。

生活の中に順応できるものを、いろんな角度からモノを見つめて、日本に取り込みたいと思う。

でまあ、ここまでは結構普通やと思うんやけど。

オレが工夫したいのは「輸入の仕方」。

普通に輸入したら、海外からやと運送費めっちゃかかるやん?

そこで、「運び人を使おう」っていうアイデア。

こっちで、ツアーやら旅行パックやらを企画する(ここらへん、まだテキトーww)

ほんで、いろんな人に海外に行ってもらって、そこでこっちが指定してるものを購入してきてもらう。その分、ツアーの料金を格安にする。

買ってきてもらったものを成田(or関空?w)で受け取って、それを売るのは自分の仕事。

まあ、実現するためにはやらなあかんことたくさんあるけど、自分なりに結構おもろいんちゃうかなー、と思ってます。

実際に買いに行ってもらうことで、ファンとかも増えそうやし・・・・って、甘いかな?w

とりあえずこれから、同じようなことをやってる人がいないか探してみます。

もしいたら、連絡を取ってみて、どんな感じでやってるか話を聞いてみようと思う。

これを読んだ方は、問題点を指摘してくれたら嬉しいです。

駄目出し、受付中です!!

結構継続的なビジネスにしたいんで、長期的な目で見てください。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »